業務内容

看護師や理学療法士、作業療法士が療養生活を必要な方や
リハビリテーションが必要な方に、ご自宅に訪問して専門的な目で見て、
適切なアセスメントに基づいたケアとアドバイスで、
自立した生活が送れるよう支援します。

緊急の場合

24時間365日、安心を支える訪問看護サービス。看護師が相談に応じます。病気や障がいを持つ方が住み慣れた地域やご自宅でその人らしく過ごせるようにご自宅等の生活する場に訪問し、かかりつけ医と連携し、症状の観察、緊急の処置などの支援をします。

医療処置が必要な方の療養生活を支援します

褥瘡処置、経管栄養、在宅酸素療法、在宅点滴注射、インシュリン注射、吸引、尿カテーテル、人工呼吸器、パウチ交換等の医療処置が必要な方の在宅療養を支援します。

ご家族と住み慣れたご自宅で過ごせるように支援します

ご本人やご家族が出来るだけ不安なくご自宅で過ごせるよう医師と密に連絡を取り、疼痛管理や症状緩和などにも適切に対処し、心のケアも行います。ご家族と共に看取りをします。

赤ちゃんからお年寄りまで訪問看護を必要とする全ての方を支援します

主治医が訪問看護を必要と指示をいただきましたらサービスをご利用いただけます。

訪問リハビリ

ご自宅での身の回りの動作や歩くことへの衰えにお困りの方。また病気の後遺症でご自宅での動作に不安のある方、心身の機能訓練から動作指導、介助者への介助方法の指導を、当ステーションでは理学療法士、作業療法士がご自宅に訪問させていだだきます。

リハビリってどんな人が必要なの?

・最近ベッドで過ごす時間が増えてきた・・・。

・ご自宅の中でつまずく、転倒することがある。

・身の回りのことに時間がかかるようになった、おこないにくい動作がある。

・足腰が弱くなってきて、歩いての移動が大変になってきた。家族から見ても今後が不安(トイレまで歩けなくなったら・・・。

・通院リハビリが終了になった。自分1人ではなかなかやる気になれない。

・在宅酸素をしていて不安。

・病気の後遺症があってもどうにかして家事がしたい。

・入院しているときは1日に数時間スタッフの方がついて運動をしていたが、退院後自宅でどんな運動すれば良いのか教えて欲しい。   など

理学療法士と作業療法士がご自宅に訪問し、
専門的なリハビリテーションを提供致します

・筋力、体力の維持や向上を目的とした運動指導

・関節の可動域が狭くならないように柔軟性を保つ運動

・日常生活に必要な寝返りや起き上がり動作、立ち上がり動作、歩行(屋内・屋外)の基本動作練習

・トイレのズボンの上げ下ろしやお風呂の浴槽のマタギ動作、食事動作や衣服の着替えなどの応用動作練習

・寝たきりの予防や改善

・在宅酸素を使用している方の呼吸リハビリテーション

・ご家族への介助方法の指導

・手すりの設置や、福祉用具の選択など住環境の整備

・福祉用具や自助具の選択など

医療保険・介護保険に対応しています

・医療保険:かかりつけ医から訪問看護を必要と指示を受けた

・介護保険:要支援1、2・要介護1~5の認定がある方

・退院直後の方

*主治医から訪問看護指示書または特別訪問看護指示書が必要になります。

保険外サービスにも対応いたします

各種保険では補うことのできない内容のサービスもサポートいたしております。

①医療機器使用時の屋外支援

②趣味やイベント(結婚式など)の参加への付き添い

③旅行への付き添い

④身体のマヒや身体機能障害のある方のスポーツやアクティビティの参加付き添い